手軽に株式投資を行う

投稿者: |

新型コロナウイルスにより、収入減が避けられない中で、資産を増やせる方法の一つに株式投資があります。 今やほぼ全面安の展開になっており、株を買う絶好のチャンスがきています。主要な銘柄の決算が出始めましたが、どの業種もよくて前年比をキープ。悪いところは大幅なマイナス決算で株価が暴落しています。そのような中で一時的に下がってはいるが今後はまだ伸びるかもしれないという銘柄を狙ってみましょう。  まずは証券会社に口座を作るところから始めましょう。以前は特定口座を開設し、証券会社に確定申告その他をお願いするのが主流でした。今は、ニーサの口座を作りましょう。これは最大年間120万円までの売買、配当金の受け取り等が非課税になるという代物です。最大5年間は税金がかかりません。また、ジュニアニーサといって19歳までの未成年を対象にしたニーサもあります。  口座を開設したら、株価の値動きをみて購入しますが、安いならば何でもよいわけではありません。買って倒産したら丸損ですから、実績、知名度のある会社の株式を選びましょう。  株の楽しみ方はそれぞれですが、大きくは次の2パターンです。安く購入して、高くなったら売るというキャピタルゲイン。これはわかりやすいです。もう一つはその会社のサービス、商品を購入する機会がある時に行う、インカムゲインと呼ばれる方式で、ある期間株式をキープしていると株主として認められ、優待などのサービスが受けられます。また、配当金なども得られるので、配当がよい銘柄を安く仕入れられたら最高でしょう。銘柄によっては長期で株主になっていればいる程優遇されたり、株数が多いほど配当金も増えますから、ニーサの年間非課税のサービス内にしておくならば、とても有利になるでしょう。  あとは、るいとうでの購入という手もあります。これは昔従業員に会社の自社株買いをしてもらえるように行っていたサービスです。毎月購入する金額だけ株式を購入するというやり方で、株価が高いならば高い水準をキープできるし、値下がりしたらその分たくさん株式を購入できるという、どちらに転んでもお得な買い方で、これもおすすめです。  ただ注意点としては、銀行の預貯金とは違い元本保証はありません。ある日大暴落したり、倒産して株券が紙切れになることもありますので、間違っても全力で購入したりはせずに、余裕がある金額内での取引に留めておくのが肝要です。